バルトレックスを通販最安値で入手するならココ!

▼ 通販最安値ならココ!! ▼

✅ 疱疹、水ぼうそう、性器ヘルペスでお悩みの方の強い味方!✨
✅ ウイルスのDNAそのものの複製を阻害✨
✅ 抗ウイルス薬としてヘルペス感染を抑制&再発防止!!✨
パートナーへの感染も抑制することができる✨

バルトレックスの購入はコチラ

バルトレックスとはどのような薬なのか

バルトレックスとは、バラシクロビル塩酸塩が主成分の薬です。白色の錠剤で長細い形をしているのが特徴で、小さい粒であるので薬を服用するのが苦手な人でも違和感なく服用することができます。

バルトレックスの作用は、ウイルスの増殖を抑えることにあります。ただ増殖を抑えるのではなく、ウイルスのDNAそのものの複製を阻害するので、効果が出やすいと言われています。
性器ヘルペスの再発抑制や、水痘、帯状疱疹や単純疱疹といった治療のために使用されており、造血幹細胞移植を行った時に発症することのある、単純ヘルペスウイルス感染症を押さえるためにも使われます。
性器ヘルペスにおいては再発の抑制ができるのですが、バルトレックスを服用することでパートナーへの感染も抑制することができるのが最大の特徴で、正しく服用することで効果を十分に発揮します。
バルトレックスは、効果があるため服用すると眠くなったり、意識障害を起こす可能性があります。自動車の運転をする際には十分な注意が必要で、腎機能障害がある場合はさらに意識障害が起きやすくなります。腎機能障害がある場合は危険を伴う機械操作は避けることが大切になります。

なお、バルトレックスは水痘の子どもの治療としても使用されています。

バルトレックスを購入する

通販で海外から取り寄せられるバルトレックス

ヘルペスウイルス感染症治療薬バルトレックスは、医療機関で処方を受ける薬ですが、個人用に限って海外通販が利用できます。これはバルトレックスだけではありませんが、使用が認められている成分を含む医薬品なら、自己責任で海外から輸入できるというものです。

1ヶ月分や譲渡不可能という条件はあるものの、医療機関でなければ手に入らないバルトレックスが、通販の形で個人で取り寄せられるのは魅力です。

万が一副作用に悩まされても自己責任で、公的な救済制度は受けられませんが、この条件や注意点を理解していれば、比較的簡単に入手が可能です。バルトレックスは割と広く使用されている薬ですし、ヘルペスウイルス感染症の治療において豊富な実績があります。

勿論、症状の原因を明らかにしたり、用法用量や注意事項を守ることは大切ですが、しかし個人輸入は個人の権利として認められています。

ヘルペスウイルスは何かとしつこく、治ったと思って油断すると再発するので、再発を防ぐ為にも使用されます。

医療機関で処方してもらうとなるとコストが馬鹿にできないので、バルトレックスの治療継続において個人輸入の通販は、コストを削減する1つの選択肢となります。

バルトレックスを購入する

バルトレックスを最安値で購入できるのは楽天かアマゾンか

現在バルトレックスは厚生労働省から一般用医薬品としての承認を受けていないため、一般的なお店では販売することはできません。

オンライン通販で最安値で購入したいと考えても残念ながら楽天やアマゾンでは取り扱いが不可能で、日本国内で入手するにはクリニックを受診し医師から処方箋を出してもらうしかありません。

取り扱いがない

処方してもらった場合の価格は1錠あたり保険適用となった場合で500円程度、保険適用外となれば1800円以上になる場合もあるのに加えて、さらに初診料や診察料も発生します。

そんな中でバルトレックスをお得に購入する方法に、インターネットの個人輸入代行サービスを利用する方法があります。海外に拠点を置いている業者の販売サイトから注文すれば合法的に購入することが可能で、面倒な通関手続きは業者が代行してくれる便利なサービスです。

それらのサービスで取り扱っているバルトレックスは、日本国内のクリニックで処方してもらえるのと同じ製薬メーカーが製造販売している製品で21錠入りのパッケージの最安値がおおよそ3800円前後で、1錠あたり180円程度となります。

特にヘルペスウイルスによる性器の感染症は再発がしやすく何度も薬を服用しなければならないことから、個人輸入代行サービスを利用して費用負担を抑えながら治療をする方が増えています。

バルトレックスを購入する

バルトレックスを個人輸入で購入する

ヘルペスなどの抗ウイルス薬であるバルトレックスは医療機関で診察を受けなくても、個人輸入という形で通販で購入もできます。

日本で市販されておらず、海外で販売されている医薬品であっても自分で使用する範囲に限定して自己責任で購入することは法律で認められているので違法ではなく、安心して利用できます。

実際にバルトレックスを個人輸入するときには、自分で海外のサイトを探して全ての手続きを行うのではなく代行しているサイトを使うのが一般的です。自分で行うのは言語の壁があるので騙される危険性があり、適切とは言えません。代行サイトは日本語で説明が記載されていますので、使い方で問題になることはないでしょう。

事業実績の長い有名なサイトで利用者が多く、口コミの評価も高いところを利用する騙される危険性が少なく安心です。
もし個人輸入したバルトレックスを使っても効果が出ないときには、その薬も持って医師に相談に行くと良いです。薬が偽物や粗悪品であることが原因の可能性もありますが、そもそも性病がヘルペスではなかった場合でも効果を得られないことがあります。
症状が不明確なときは自己判断で薬を使うのではなく、診察を受けて確認しておくのが適切です。

バルトレックスを購入する

バルトレックスの効果には何があるか

バルトレックスはヘルペス関係の病に効く薬で、バラシクロビル塩酸塩が主成分となっています。

バルトレックスには、ウイルスのDNAの複製を抑える働きがあり、その結果ウイルスの増殖を抑えることができます。効果としては、大人に多い帯状疱疹や子供が罹患することが多い水痘、造血幹細胞移植を行った際に起こりやすい単純ヘルペス感染症、そして性器ヘルペスを再発するのを抑えることがあげられます。

ヘルペスウイルスに関する病であれば比較的効果が出やすいと言われています副作用も頭痛や眠気、吐き気などがまれに起こるといった、他の薬に比べて比較的軽いものである為、子供でも病院で処方されて服用することが多い薬でもあります。

バルトレックスは、性器ヘルペスにおいても再発を抑制することができます。服用をしておくとパートナーに感染するのを抑制することができます。

服薬中の注意点として普段より多めに水分をとるようにしましょう。

このほかの特徴として、バルトレックスは早くに服用することで皮膚の症状を最小限に抑えることができます。

再発する場合は違和感があり独特なかゆみがあることが多いので、そのタイミングで薬を服用することで症状を抑えられるでしょう。逆に発症してから6時間ほど経つと効果が半減してしまうので、注意が必要です。

バルトレックスを購入する

バルトレックスにはどのような副作用があるか

バルトレックスは、ヘルペスのウイルスの増殖を抑える効果があり、水疱瘡や帯状疱疹、性器ヘルペスといった病を治療する薬です。

バルトレックスの成分はバラシクロビル塩酸塩であり、同じヘルペスウイルスの感染症治療薬には、ゾビラックスなどがあります。

バルトレックスは比較的副作用の少ない薬で子供にも用いられることが多いです。

副作用としては、頭痛や腹痛、吐き気や下痢があり、蕁麻疹や発疹が出ることもあります。まれに光をまぶしく感じる、皮膚に発疹ができるといった光線過敏症やめまいが起こることもあり、これらの症状が出た場合は医療機関を受診するほうが良いです。ごくまれに重篤な副作用として意識障害や幻覚、錯乱といったことが起き、無呼吸になってしまうこともあります。精神的な症状が出ることがあるので、服用中は注意深く自分の体調を見る必要があります。

なお、バルトレックスは妊産婦は服用は禁止であり、65歳以上の高齢者や授乳している女性には慎重に投与するようになっています。水痘にも使用されるのですが、0歳から14歳までの子どもの水痘の場合は慎重に投与しなくてはなりません。

錠剤であり、簡単に服用することができるのですが、服用後はしっかりと体の様子を見ることが必要となります。調子が悪いと感じたら早めに医師に相談しましょう。

バルトレックスを通販最安値で入手するならココ!
タイトルとURLをコピーしました